恐怖症はどこに原因があり、どうすれば克服できるのか?

会食恐怖症の原因と克服を目指して

 

会食恐怖症はどのような症状かというと
人前や人とともに食事をすることに恐怖を
覚える症状のことを指します。

 

 

人によって会食恐怖症を覚える場所や
機会は様々ですが実生活においても
多くの困難をもたらします。

 

 

社会不安障害のひとつとも言われており、
男性よりも女性に多い割合で見られるようです。

 

スポンサードリンク

 

会食恐怖症にみられる症例

Uさんは社会人になってから会食恐怖症に
悩まされるようになりました。

 

 

最初は会社の食堂で食事をしていると
動悸が高まるように感じたそうです。

 

 

次第に症状が悪化していき、
大事な顧客との会食会や上司との
食事の場にあってもモノを食べようとすると
極度の吐き気を覚えるようになりました。

 

 

公的な場に出ることで症状が出るように
感じていましたが、
親しい友人と行き慣れたレストランでの
食事でも緊張感が走り恐怖を覚えるように
なってしまったそうです。

 

唯一、自宅で家族と食事するときには
なんの恐怖感も覚えないことが救いでした。

 

スポンサードリンク

 

 

会食恐怖症の原因はどこにあるのか?

・食事するところを人に見られている感覚に
恐怖を感じる人が多いようです。

 

 

人それぞれに原因がありますが、
特別な事件や事故などに遭遇した場合を除き、
他人に対する意識が過剰になっていることが
原因ではないかと考えられます。

 

 

つまり、自分が他人からどう見られているのか
という自意識によってストレスが発生すること
により会食恐怖症となる場合もあるようです。

 

会食恐怖症の克服・改善法

人により会食恐怖症の深刻度の度合いも違いますから
絶対にこれで克服できるという方法はありません。

 

多くの場合が段階的な改善アプローチを
取るようです。

 

完全に会食を避けるのではなく、
取り敢えず食事はせずに会食の場にいる。

 

可能であれば飲料水などを口にしてみる等
徐々に自身を環境に慣れさせることで克服を
目指すことが多いようです。

 

スポンサードリンク

 

人それぞれに恐怖の度合いにも違いがありますので、
決してあせることなく、
必要であれば専門機関や専門家、
カウンセラーなどの力を借りながら
適切な対処法・克服方法を見つけ出していくことを
おすすめします。


恐怖症の種類 サイトマップ お問合せ